美容整形における失敗とは何か

整形手術を受けることで、より美しくなった顔や身体を手に入れて、新たな気持ちで明るい人生を歩む人もいる中、失敗をした、思い通りの結果にならなかった、などといったマイナスの声が存在するのも事実です。
しかしよくよく話を聞いてみると、そういったケースを失敗と呼ぶには少し違和感を感じることに気付くことでしょう。
どういうことか言うと、失敗をしたと思っている人でも、実は手術自体は成功しています。
本人の描いていた形と、ドクターが描いた形にズレがあったことが原因で、この場合は決して技術の問題ではありません。
つまり患者側が自分の希望する理想像を、うまく伝えられていなかった場合に、失敗したと感じてしまうようです。
これは美容院でも同じことが言えます。
例えば雑誌の切り抜きを持っていき、このヘアスタイルにしてくださいと伝えれば分かりやすいですが、なりたいヘアスタイルを口頭だけで伝えようとすると、お客さんと美容師の間では描いているイメージにズレが生じ、結果として思い通りにカットしてもらえなかった、という感想を持ちやすくなるそうです。
整形手術においてこういったケースをなくすためには、カウンセリングの時点で、細かく自分の希望を伝えることが大切です。
患者とドクターの間で、目指す理想像を出来るだけ近付けておくことが重要になります。
美容整形のポータルサイトなどで、クリニックやドクターの紹介を見ることが出来ます。
自分と波長が合いそうなドクターや、この人なら話しやすそうだなと感じるドクターを探してみるのもおすすめです。