治療方針に幅を持たせやすいクリニックでした

実際に白内障の手術を受けた人でなければ、眼内レンズの違いは分からないものだと思っていましたが、松原クリニックの説明でイメージが変わりました。
このクリニックでは眼内レンズに関する説明を患者さんに行う際に、人工の水晶体がどの様な見え方をするのか、レンズの種類に合わせて写真付きで説明をしてくれるのです。
以前の自分は単焦点眼内レンズに対して、近くは見えやすいけれど遠くはボヤけて全く見えないというイメージを持っていたのですが、先生の説明では少し違いました。
単焦点眼内レンズを装着した後は遠くが少しボヤけて見えても、ある程度は遠くの物の形は分かるという事が、先生が見せてくれた写真で理解出来たのです。
これならば多重焦点レンズではなく、単焦点眼内レンズを目に入れてもらっても良いのではないかと思えて、レンズの選択肢の幅を増やす事が出来ました。
レンズに関するメリットとデメリットなどを、包み隠さず先生が教えてくれるというのも、この松原クリニックが信頼出来そうだと思えた理由です。
デメリットを隠して患者さんにレンズを選ばせないという事もありませんから、じっくりと考えながら白内障の手術の方針を決めさせてもらえます。